新しい予防治療お子さんにおすすめしたいシーラント

>

シーラントってどんな治療方法なの?

何歳から治療できるの?

みなさんはシーラントという歯科治療について知っていますか?
少し前から親御さんを中心に話題になっている予防治療で、フッ素を含む歯の再石灰化作用のある成分を歯にコーティングします。

主に歯の溝にシーラント治療をする事が多く、乳歯から永久歯に生え変わるデリケートな歯の治療として人気を得ています。
シーラント自体は保険治療で行えて、1回辺りの治療費は数千円と安価です。
6~12才の間に治療を行う事で、虫歯になりにくく見た目も目立たないのが特徴です。

研究者のデータによると6才からシーラント治療をしてから4年以上で60%近くの虫歯予防効果があるといわれています。
歯は一生ものだからこそ、シーラントで予防治療をしてみませんか?

定期メンテナンス必須

シーラントは1度施術するとある程度の時間放っておいても問題ありませんが、1度きりの治療というわけではありません。
シーラントは歯をコーティングする事で虫歯を防ぐので、食事を含む日常生活をしていく内に少しずつ劣化していきます。
生活習慣によっても異なりますが3~4週間ごとにメンテナンスをするのが良いでしょう。

劣化を放置するとそこから虫歯が入り込みシーラントの意味がなくなってしまいます。シーラントは歯に薬剤を付着させる治療なので歯のすき間にできた虫歯は予防しようがありません。

いくらシーラントをしているからといって日頃のオーラルケアを怠っては本末転倒だといえるでしょう。
メリットだけでは無く、デメリットにも注意して下さい。


この記事をシェアする