新しい予防治療お子さんにおすすめしたいシーラント

>

虫歯を放っておくと蝕まれる

子供の頃の記憶がトラウマ

「子供の頃のトラウマが酷く、大人になった今も歯医者へいけない。」そんな声を聞いた事はありませんか?
歯医者としては「お子さんが暴れては危険」、「治療に専念したい」といった様々な理由でお子さんに無理を強いてしまうケースもありました。

しかし近年の歯医者はその点に考慮しているので、できるだけ痛みが出ない様な治療を提案する、あるいは治療計画をしっかりと説明の上、納得頂いた状態で治療を始めるのがほとんどです。
多くの虫歯があるので、歯医者へ飽きられるのではないか?と怖がっている方もいますが、怒鳴りつける歯医者はほとんど皆無です。

トラウマや恐怖心があるのは理解できますが、初めの一歩を踏まないと何も始まりません。
虫歯は自然完治する事はないのですから。

お子さんをうまくなだめるには?

大きな音のする機械、自由に動けないもどかしさ。
これらはお子さんから歯医者を遠ざける原因と考えられていましたが、実はちょっとした工夫でお子さんが喜んで歯医者へ通うようになります。

歯医者選びは親後さんの役目ですが、お子さんの扱いに慣れている歯医者を選択するのがベターです。
歯医者によってはキッズスペース完備、または親御さんが治療中の間、お子さんを見てくれるところもあります。

そしてもう一つ、忘れてはいけないのがお子さんへの治療計画の説明です。
お子さんにも人格がありますし、自分の体についてしっかりと知りたいと思っています。何の説明もなく治療を進めるのは歯医者嫌いになる要因なので、お子さんにもわかりやすい説明をしてくれる歯医者を選ぶと良いでしょう。


この記事をシェアする